小笠原建築研究室
奈良の一級建築士事務所.
日々の活動や,建築現場の様子などを紹介するブログです.
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2018 | main |
医王庵

瀬戸内海を囲む建築 (JIA近畿支部住宅部会)
石井修先生の医王庵へ(1982年竣工)

 

地下一階 地上一階建て
ファサードからの建物の様子はわからない
エントランスの壁は四国の庵治石
内部にも外部にもふんだんに施行された石積壁は圧巻です。
石 コンクリート ガラス 丸太
ダイナミックな素材の使い方
中庭のプールをぐるりと回遊しながら
ため息混じりに、地上へ上がるのは最後のお楽しみ
(途中,増築棟のラビリンスへ迷い込みましたが...)

 
茅葺屋根の農家を思い出す
急勾配の入母屋造り,玄昌席葺きの屋根が印象的です.
軒下空間も手がとどく高さに低く抑えてあり,屋根の厚さが感じられるデザイン
軒先が美しいです(開口部の内法1920と同じ高さ)
 
4本の丸太柱に支えられた小屋組
梁が二重にかけてありダイナミックです.

 

 

 


                         つづく






 

 

 

 

 

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://blog.ogasa-aa.com/trackback/210
TRACKBACK