小笠原建築研究室
奈良の一級建築士事務所.
日々の活動や,建築現場の様子などを紹介するブログです.
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< カラー | main | 快晴 >>
サクラ

無事引き渡しも終え,お施主さんと奈良女学生さんと床のワックス掛を行いました.
学生さんには模型製作も手伝ってもらってるので,実際に完成したお家を見れる良い機会にもなりました.

 

 

床材はサクラ(節あり)無垢材

無垢の木,タイル,左官仕上等様々な床仕上の中から提案しますが
靴を脱ぐ空間である場合,機能性や要望にもよりますが,無垢の木をおすすめすることが多いです.
床に直接座ることがない生活スタイルである場合はまた違ってきますが
いちばん肌が近く触れる場所でもあり,個人的に木が大好きということからも(笑)

もちろん好みや,メンテナンス等のこともありますので,メリット・デメリットについて説明いたします.

 

節が苦手,木目の好み,色合い等
木,一つとっても樹種からグレードまで選択肢はたくさんありますので.
基本設計の打ち合わせの段階で会話から読み取ったり,具体的に伺ったりと...
施工写真で節の感じも確認していただき
節ありOKとのことで色味から桜をおすすめしました.

ロフトの床は杉の厚板を
(ゴロゴロするのと,ちびっこの遊び場にも最適です)
杉はあたたかくて柔らかいので,お子さんにもおすすめなのですが,
傷付きやすいためなかなか家全体にはハードルが高めです.
ロフトなど限られた場所であれば.

今回は,家づくりの思い出に,床のワックス掛にチェレンジしたいとの要望が.
自分たちの暮らしを楽しんでつくりたいという思いには,惜しみなく協力させていただきます!
(セルフ塗装は楽しみたいという要望があり,かつ負担になられないと私が判断できる住まい手さんに限られますが...)
家づくりは完成した時からがスタートとなりますので,お家に愛着をもって手を加えてもらえるのは嬉しいです.
 
塗り出すと黙々と集中され,気配が消えていく奥様
おしゃべりしながらのご主人(笑)

外壁にはヤモリシーサーと石敢當(角地の魔よけ)を設置

一部の外構の植栽も引越し後に手を入れていただきますが,グリーンカバーは春に持ち越しとなります.

口を閉じているのはメスのヤモリシーサー
公園にお散歩に来たちびっこたちが,シーサー!と叫んでました.
手の届く位置のシーサーは確実に触られるかな...


 

 

 

 

 

 

 





 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://blog.ogasa-aa.com/trackback/179
TRACKBACK