小笠原建築研究室
奈良の一級建築士事務所.
日々の活動や,建築現場の様子などを紹介するブログです.
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 山守さん | main | あともう少し >>
軒高

 

平屋部分が多く1階の屋根はひと続き

屋根仕舞いも1階のあと一部を残すところまで進んでいます.

 

垂木も大きめで軒が深く,

軒高やバランスは図面でも模型でもかなり検討したところです.

 

屋根を1段落として下げるか,全体のボリューアムからアプローチするのか
周辺建物との配置関係を再度確認しながら

内部空間のスケール感とのつながりとバランスを

 

なんて色々考えるのですが

案外,お施主さんとの会話からヒントをもらったりすることも...

 

 

1階屋根は目が近いので,収まり関係が気になり,現場で打ち合わせ

現場監督さんの「まだまだいけます!」をいただけたので

勇気100倍です!

 

構造に影響のない中で,開口部の微調整と内部間仕切りの確認を...

もう少し進んできたら,また相談してみよう.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://blog.ogasa-aa.com/trackback/169
TRACKBACK