小笠原建築研究室
奈良の一級建築士事務所.
日々の活動や,建築現場の様子などを紹介するブログです.
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< つっぱり | main | 三角地 >>
手刻み加工
今日は,現場でなく加工場へ.
奈良町の現場,現在お天気をみながら傾きをなおしています.


オリジナルの町屋の半分は土間空間.
2階部分に通常はある梁(胴差)がなく1本の通し柱で構成されているのが特徴です.

今回,通り土間の間取りに戻すにあたり構造補強を行います.
解体後,現状確認して,計画時からだいぶ箇所と材を現場にて変更.
現在,補強材の手刻み加工中.

加工場には,天然乾燥の桧の柱と杉の梁が.
大工さんが丁寧に仕口・継手の加工されています.

天然乾燥材の桧,とても良い表情です.
通し柱の入替材と補強柱は通常柱サイズよりも大きく,そして長さも長い.

杉はまだ加工前で養生の中でした.
ぺろっと中をのぞかせてもらい確認.現場にはいるのが楽しみです.














 
COMMENT









Trackback URL
http://blog.ogasa-aa.com/trackback/132
TRACKBACK