小笠原建築研究室
奈良の一級建築士事務所.
日々の活動や,建築現場の様子などを紹介するブログです.
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 志賀直哉旧居 | main | 大工道具 >>
茅葺き

以前実測調査のお手伝いをした茅葺住宅の現場を見学させていただきました.
茅葺き職人さんが棟の両端部分の木組みの下がりを現場調整されてるところでした.
棟はまっすぐな方が施工もしやすいようなのですが,この地域は少し下げて破風面の三角部分の厚みをもたせたデザインにしているようです.
以前は身近な素材である藁で拭くことが一般的で屋根の厚みもススキに比べ控えめとなるため,全体のバランスがより美しく見える工夫だったのではないかととのことでした.





目線が近い軒裏はヨシ,真ん中は細いススキ+稲ワラ,最上部はしっかりと抑えれるように太いススキで葺き分けられています.材料のこと,葺き方のこと,ワラの結び方等々熱く語られる職人さんとの会話はとても楽しかったです.
丸太の垂木に男結びでドンドン竹がとめられていきます.男結びと呼ばれるワラの結び方,地域により呼び方は異なるようですが結び方は同じだそうです.

深い軒の出,低い軒先ライン,厚みのある屋根,プロポーション,どれもステキです.
設計担当の方のお話しによると内壁の左官壁のデザインも現在検討中とのことで,これからどのように仕上がっていくのかとても楽しみです.


           




          







 
COMMENT









Trackback URL
http://blog.ogasa-aa.com/trackback/105
TRACKBACK