小笠原建築研究室
奈良の一級建築士事務所.
日々の活動や,建築現場の様子などを紹介するブログです.
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
快晴
公園の緑も少しづつ紅葉がはじまり
撮影日和(すぎる?)ぐらいの快晴の中での写真撮影


ヤモリシーサーがまるで生きているよう(笑)


 


緑がうつりこみ自然光も強すぎるようで,画像処理が難しくなりそうとのこと.



ロフトの杉板はやはり心地よく,ゴロゴロしたいのをがまん
やはり,ちびっこに杉の厚板床は鉄板だなと.

角地のデッキと,グリーンカバー,既存擁壁はお引越し後に少しずつ














 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サクラ

無事引き渡しも終え,お施主さんと奈良女学生さんと床のワックス掛を行いました.
学生さんには模型製作も手伝ってもらってるので,実際に完成したお家を見れる良い機会にもなりました.

 

 

床材はサクラ(節あり)無垢材

無垢の木,タイル,左官仕上等様々な床仕上の中から提案しますが
靴を脱ぐ空間である場合,機能性や要望にもよりますが,無垢の木をおすすめすることが多いです.
床に直接座ることがない生活スタイルである場合はまた違ってきますが
いちばん肌が近く触れる場所でもあり,個人的に木が大好きということからも(笑)

もちろん好みや,メンテナンス等のこともありますので,メリット・デメリットについて説明いたします.

 

節が苦手,木目の好み,色合い等
木,一つとっても樹種からグレードまで選択肢はたくさんありますので.
基本設計の打ち合わせの段階で会話から読み取ったり,具体的に伺ったりと...
施工写真で節の感じも確認していただき
節ありOKとのことで色味から桜をおすすめしました.

ロフトの床は杉の厚板を
(ゴロゴロするのと,ちびっこの遊び場にも最適です)
杉はあたたかくて柔らかいので,お子さんにもおすすめなのですが,
傷付きやすいためなかなか家全体にはハードルが高めです.
ロフトなど限られた場所であれば.

今回は,家づくりの思い出に,床のワックス掛にチェレンジしたいとの要望が.
自分たちの暮らしを楽しんでつくりたいという思いには,惜しみなく協力させていただきます!
(セルフ塗装は楽しみたいという要望があり,かつ負担になられないと私が判断できる住まい手さんに限られますが...)
家づくりは完成した時からがスタートとなりますので,お家に愛着をもって手を加えてもらえるのは嬉しいです.
 
塗り出すと黙々と集中され,気配が消えていく奥様
おしゃべりしながらのご主人(笑)

外壁にはヤモリシーサーと石敢當(角地の魔よけ)を設置

一部の外構の植栽も引越し後に手を入れていただきますが,グリーンカバーは春に持ち越しとなります.

口を閉じているのはメスのヤモリシーサー
公園にお散歩に来たちびっこたちが,シーサー!と叫んでました.
手の届く位置のシーサーは確実に触られるかな...


 

 

 

 

 

 

 





 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足場解体
足場が解体され,外観が見えるようになりました.


黒漆喰や焼杉板,板張(黒塗装)のように真っ黒ではないですが
濃グレー色

日の当たる面で印象はガラリと変わります.
 

少ない外構工事のウッドデッキももちろん斜め
もう斜めにも慣れたよと大工さん(笑)

大工さん工事も今月いっぱい(寂しくなります)











 

階段

「階段かかったよ」と大工さん

周り階段部の下部は収納やトイレを組み込んでいるため
逃げがないなかでありがとうございます.

そこへ,階段を楽しみに待っていた小さな来客が

今日は早いお迎えでとお施主さんが現場に来られました.


床貼りに続き,壁下地も斜め部分が

隠し部屋的ロフト
天井は低いですが,広さは充分あります.









 

 

 

 

 

 

 

 

 

ななめ

まちにまった梅雨明け

日差しだけでなく,セミの声も一気にパワーアップ...(汗)

 

窓枠,断熱材,床張りと大工さん工事が進みます.

床張りの方向は図面でも現場でも悩んだところ
天井の勾配,平面の角度,視線の繋がり,空間のボリューム...
硅藻土・シナ合板・クロス貼
壁・天井仕上も検討中
節有サクラの床板とのバランスを考えながら
もう少しねかせてみることにします.
来週から外壁工事が始まります.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上棟式

6月の梅雨が嘘のような,快晴の中

無事に上棟式を執り行うことができました.

 

組む順番を考えながら

限られたスペースの中での作業

 

軸組が組み上がっていくその姿

大工さん達と現場監督さんのチームワークがひかります.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

配筋検査
お天気が少し心配でしたが,なんと晴れ間が...
 
基礎が立ち上がってくる時は,どちらかというと少しコンパクトに感じやすいのですが
形状のためか,イメージよりも広がりを感じました.
まだもう少し先ですが,上棟が楽しみです.









 
着工


お天気が心配でしたが,無事工事がはじまりました.
地盤改良工事から.

 
フェンス撤去後の現地
公園は新緑の良い季節に突入.

 
現場監督さんに工程組んでもらってますが,材料搬入等なかなか厳しいようで...
現在プレカット図面打合せ中.
変形地なので色々と確認中.


 
棟上げはまだ少し先ですが,楽しみです.









 
地鎮祭
お天気にも恵まれた中,無事に地鎮祭を執り行うことができました.
お施主さまとの出会いはちょうど一年前
その後,素敵な土地も見つかり,じっくり打合せさせていただきました.
奥様の要望は最初から最後までブレることなく,こだわりのところはとことん突き詰めて.
最後は,当初から検討していたモザイクタイル...
予算内で第一希望のものがうまく飛び込んできました!

これから着工です.
土地の形状に合わせた間取りなので,多角形プラン

上棟が楽しみです.









 
三角地
現在計画中のお家の敷地は三角形(しかも角地)

現地確認した瞬間に,お客様との対話からイメージが決まった計画案です.
道をはさんで緑豊かな公園に面しており,家族の集う空間にはこの景色を取り込みます.

ファーストプレゼンで模型も当日お持ち帰りされ,現在詳細の打合せ進行中.
間取りの細かな修正もありますが,少しずつ進んでおります.

先日の打合せでは,シーサーが話題に!
ヤモリシーサー(家守シーサー)かなりかわいらしい姿です.

もちろん外壁に取付予定.
楽しみです.