小笠原建築研究室
奈良の一級建築士事務所.
日々の活動や,建築現場の様子などを紹介するブログです.
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
漆サロン

拭き漆を体験しに漆サロンに参加してきました.
 

漆のレクチャーを受け,以前に抗議で聞いた話を思い出しながら...

一昔まえは,漆を使うことが素材の質をカバーすることにも一役かっていたとのこと.
低温焼付,和紙+漆などなど,色味や素材,下地材の違いのサンプルをみながらニマニマ
私個人としては,和紙+漆がお気に入り
これはDIYでは無理そうですが...
 
木目を見せる拭き漆
クリーム色から空気に触れると褐色に
消費期限は約1ヶ月ほど
成分に含まれる酵素で乾燥するとのこと.
 

今回はベンガラ+柿渋塗装をした板に塗ります.

注意事項を聴きながら,いざ体験です.

 

ヘラで塗るので,刷毛で塗る浸透性塗料のなかでも使用量は少なくで施工できるため

塗装面積に対する材料代のコストパフォーマンスはかなりよいとのこと.

部分使いであれば,チェレンジしたいですね.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生きた建築ミュージアム 大阪2015
大阪船場,道修町の堺筋添い
明治36年から,時代の移り変わりを見てきた漆黒の館.
 
2代目小西儀助が建てた店舗,蔵,そして住居.
重要文化財に指定されています.
主屋・衣裳蔵(3階建)・2階蔵(食品部)・3階蔵(薬品部)


堺筋添いからの外観.
普段は店舗入口の土間から少しのぞき込むぐらいしか,中の様子がうかがえません.

土間を通り抜けると,前庭.
内玄関へと向かいます.
アプローチが長いのも,わくわくします.



台所・炊事場
50人もの食事が賄われていたようです.


前栽




2階座敷(北側)からのながめ
廊下と座敷(2室)は,天井や床の間,ランマ等の造作もこだわりがみられます.









 
JIA 建築と子どもたち
先週,小学校6年生対象に行ったワークショップ「建築と子どもたち」
スギの角材と丸棒(JIA大阪地域部会の「つみスギくん」)を使い,つくる喜びや楽しさ,達成感もみんなで共有し体験しようという活動内容です.

PTA主催の学年事業ということで,テーマは「親子で語らう思い出カフェをつくろう!」
事前に6つに班分けを行い,グループ名もつけてもらいました.
私の担当グループは,チーム:エルサ

場所探しは,なにがなんでも日が当たって暖かいところっ!と中庭に出た瞬間に全員一致で決定(笑)そして,つくるカフェのイメージは「エルサぐぁー!」とのこと.???
話をきくと,アナと雪の女王のエルサが魔法で「ぐぁーっ!」とお城をつくるイメージだそうです.なるほど.

通称「プリン山」の斜面も利用して,高さを出していけたらと,高く高くと考えながらつくりはじめました.
斜面との取り合いレベルが合わなくて,大苦戦.
あげく,ねじれた三角形や四角形,八の字等つくっては解体し,つくっては,解体しの繰り返し.

ようやく形がみえてきたところで,プリン山の頂上までさらに高くっ!と目標はドンドン大きくなっていきました.


 


だいぶ形が見えてきたところで,斜面にもたれかかっているだけの立体で少し不安定という問題が発生.
ここであきらめずに全体大移動して,少しでも頂上に架かる部分を確保使用と四苦八苦.

頂上では2チームが活動しており,安定感抜群のカフェが目の前にあります.
「隣のチームと合体したら安定するのでは?」と天からのお導きが...
あれよあれよと,隣のチームが近づいてきてくれ(?)見事に連結しました.

問題があれば解体しやり直し,それでも解決できないときは,別のやり方で解決してしまう発送と行動力.はじめは恥ずかしがって遠慮気味だった子ども達も,途中からは夢中になってチーム内だけでなく,チーム間でも協力するまで積極的になったのは驚きでした.






給食タイムで子どもたちがいなくなった


気がつくと更に隣のチームとも合体し,大作が姿をみせていました.



午後からはグループ毎に思い思いに過ごし,思い出カフェの名前をつけてもらいました.
もちろん,担当チームカフェの名前は「エルサぐぁー!」です.

その後お友達の所にも見学に行って感想を書いたり,保護者の手作りおやつを食べたり,おしゃべりしたりして過ごしました.


後日,こどもたち一人一人から御礼のお手紙を頂きました.
ワークショップ後しばらく,そのまま展示してもらっています.
毎日ブルーシートをかけてはとりを繰り返し,自分たちでつくった場所を大切にしてくれていたり,また,低学年のこどもたちが楽しんでいる等,その後の様子も知ることができとてもうれしく思います.

みんな,ありがとう.



企画・共催   

公益社団法人 日本建築家協会 近畿支部

奈良地域会・大阪地域部会・和歌山地域会
サポーター:奈良女子大学生










 

京都丹州もくもくフェスタ 2014

           
     落札の瞬間!


去年からはじまった京都丹州もくもくフェスタ.今年も行ってきました.
お天気に恵まれ,たくさんの人で賑わっていました.
そして去年より丸太もにぎわっていました.



月に2度行われる「 京都丹州木材市場 」
大きな原木が出てくるのはイベントの時がメインだそうです.
今年の目玉はケヤキでした.いくらの値が付くのかみんな興味津々.

今年は出店も多く,特に美味しい食べ物が充実していました.
食べるのに夢中で,写真は...(おきまりですね)

鹿まんに鹿ソーセージ.
めったに食べれないジビエ.
美味しゅうございました.









 
久しぶりに
京都の建築仲間におしえてもらった,とりことりさんの「静かな春」を見に京都へ.
種子好きにはたまりません.
かぎ針で3種類の太さの糸で編まれた種子が標本箱にはいり
ズラリと展示されていました.

近くまできたので,久しぶりに銀閣寺〜哲学の道〜法然院へ.
銀閣寺はやはり休日なので人がたくさん.
観光客に囲まれるとなぜか自分も旅行に来た気分になりテンションあがります(笑)
そして,金閣寺も久しぶりに行きたいなーとか... 

富士山型の向月台,大好きなフォルムです.
波紋を表現した銀沙灘もステキなのですが,法然院の白砂壇は格別好きです.
(季節によって描かれるモチーフがかわるのもいい)
茅葺きの山門から白砂壇の間を通ってお参りしますが,白砂壇は水を表し
その間を通ることは心身を清めて浄域に入ることを意味しているそうです.

その後無鄰菴へ.
歩き疲れた方には特におすすめ
人も少なく東山の借景も楽しめながらゆったりとお茶とお菓子を頂ける.
最高です.
新緑の季節に再訪したい場所決定!


 

      





 
森聞き
久しぶりに映画をみました.
長編ドキュメンタリー映画「森聞き」(in 福知山)
ゲストで「林業女子会」代表 岩井有加さんのお話も聞くことができました.
最近,○○女子と聞く機会が増えましたが,林業女子? 初めて聞きました.
林業を愛する女子のグループ,様々な活動をされているようですが,現在は林業について知ってもらうことをメインに広報を積極的にされているそうです.
映画の内容ついては,,,,興味のある方は是非見てみてください.
(大阪で12月2日まで上映中)
森の名人の言葉に,はっ とさせられる自分がいました.
ストーリーや映像はもちろんのこと,サントラがなんといっても良かったです.
(映像がよみがえること間違いなし!CD購入決定です)
福知山までに来たので,あいた時間で丹波のもみじ寺で知られる長安寺へ行きました.
霊木
山門前の梵鐘と右手は霊木のイチョウ
長安寺
山門から
軒裏
奥
モミジ
今年のモミジは夏の暑さで焼けぎみでしたが,それでももみじ寺と言われるだけあり,見所満点でした.