小笠原建築研究室
奈良の一級建築士事務所.
日々の活動や,建築現場の様子などを紹介するブログです.
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ランマ
先日ランマの話題が出たので,少し事例紹介をします.

ランマとは続き部屋の間にある鴨居(引き戸上部のレールとなる水平材)の上にある
開口部分のことですが,透かし彫りの板や格子,障子等をよくみかけます.

このランマ部分,明かりを取り込みたいときや空間を一定的につなげて見せたい
ときにガラスやアクリル等の透明なものを選択することもあります.


格子戸の上部のランマ.透明ガラスです.
格子も透明ガラス入りなので,閉めても透けてみえます.

閉めた時だけあらわれる引き込み戸
格子戸のデザインで印象もがらりと変わります.











 
もうすぐです
姫路の家の足場がとれ,ようやく全体が見えるようになりました.
現場はこれからGWも最後の追いこみです.

外構工事が始まり,待望のウッドデッキができてきました!
LDKの南側から倉庫までひとつづきのデッキ.
軒高2150におさえたので,より広がりが感じられる空間になりました.
軒の出もしっかりあるので,様々なシーンで大活躍してくれるでしょう.




住宅内部は建具取付調整が行われています.
大開口の木製建具には,これから障子と夏障子(御簾)がはいり
空間のイメージに変化を付けてくれます.





現場
昨年末上棟した姫路のお家の現場です.
大工さんの応援増員で,めまぐるしく現場は進んでいます.

ようやく外壁左官工事が始まり,全体のかたちも見えてきました.
外壁は吹付と板張仕上.
メンテナンスしやすい1階部分は主に板張で仕上げています.


木材は竣工時に塗装をしていても,1年後に再塗装をするかどうかので
その後の耐久性が大きく変わります.
このお家は住宅棟と倉庫棟をつなぐように計画した広いウッドデッキがあります.
もちろん御施主さまには,ウッドデッキの1年後の塗装をお願いしました.

足場の範囲をもうひとまわり大きくしたところまでデッキがきます.
軒を深くとり,天井高さも抑えたこの縁側空間が,どのようになっていくか楽しみです.
足場がとれるのが待ち遠しいです.





内部はまだまだこれからですが,だいぶかたちが見えてきました.
現場検討箇所宿題がんばります.

上棟式
今日は姫路M様邸の上棟式です.
二棟あるので2日かけての作業となりました.
朝晩冷え込んでいますが,天気は快晴!大安のまさに上棟日よりです.

建設会社の大工さん総出での軸組の組み立て,木槌の音のみがひびいています.



 1F

1階天井仕上げと2階床の面剛性を兼ねた杉パネルと化粧梁
2階の足場が確保され,組み立てと平行しながら木材をクレーンでドンドン上げていきます.

 クレーン

屋根仕舞までのみ見ることができる,垂木だけの姿
外壁仕舞までのみ見ることができる,軸組だけの姿
一番美しいと感じる瞬間でもあります.
写真をとりながら,ひとりにやにやしております(笑)


 屋根垂木



見上げれば空・雲がみえるんです!
破風も取り付きました(やっぱり見上げ写真)

破風


夕方には上屋根の野地板まですすみ,明日には雨仕舞まで完了予定です.
親方の祝詞を最後に無事上棟式を終えることができました.

M様,おめでとうございます.



木配り
加工場に木材の材料検査に行ってきました.
来月末の上棟にむけて,墨付けときざみ加工は少しづつ進んでいます.

化粧梁

中央の大きな梁は製材後の化粧梁(意匠的に見えてくる梁)です.
居間食堂の天井に見えてくる梁で,場所と向きを棟梁と1本づつ確認していきました.
木の表情と見え方を想定しながら木配りをしました.
6mの大きな材ですが,目が細かく良い材料でした!


追掛大栓

加工中の2階の化粧梁です.
継手の追掛大栓継や,仕口のかたちが色々あります.

今から上棟式が楽しみです.

製材
先月製材現場に行ってきました.
米松の原木です.

原木

化粧材の製材はまだこれからとのことでしたが,
目の細かい良い木材でした.


原木を引いているところです.
製材

そろそろ大工さんの加工場に製材された材料が搬入されるようです.
棟梁の確認後,材料検査予定です.
表層改良
まだまだ暑いです.
今日は表層改良終盤です.

地盤調査では,既存地盤のすぐ下にしっかりとした支持層がありましたが
盛土工事を行うため表層改良することになりました.


表層改良


L型擁壁は打継ぎなしの一度打ちです.

L型擁壁
地鎮祭
今日は姫路M様邸の地鎮祭でした.
9月9日は「重陽」と呼ばれ,大変めでたい日とされています.
幸先の良いスタートです.

早朝雨が少しぱらぱらしていたの心配していましたが,
良いお天気になりました!
地縄を張り,建物の配置や広さを確認しました.

工事の安全と建物の無事完成をお祈り申し上げます.